「国民を戦争に駆り立てるのは簡単なことだ。

『われわれは外国から攻撃されようとしている』と国民をあおり、平和主義者を『愛国心が欠けている』と非難すればいい」

―ヒトラーの知恵袋といわれるへルマン・ゲーリングの言葉より―


村田FP開業10周年感謝プレゼント実施中!


次の記事を読んで、以下の質問に答えられるでしょうか?


時事通信ニュース(2017年12月)から

年収850万円超で合意=所得増税、幹部が会談−自公税調


「自民党の宮沢洋一税制調査会長と公明党の斉藤鉄夫税調会長は11日午前、東京都内で会談し、2018年度税制改正で焦点の所得税改革について協議した。控除制度見直しで増税となる会社員の年収水準を当初案の800万円超から850万円超に引き上げることで合意した。両党内で調整した上で、14日にまとめる与党税制改正大綱に盛り込む。20年1月から実施する。


 合意した所得税改革の修正案は、全ての納税者向けの基礎控除を10万円増やす一方、給与所得控除を一律10万円減額、控除額の上限も220万円から195万円に引き下げるのが柱。22歳以下の子どもや介護が必要な家族がいる世帯を除く年収850万円超の会社員は増税、給与所得控除を受けていない自営業者やフリーランスは減税となる。


 両党の税調は11、12両日に開く幹部会合などに修正案を提示。了承されれば、12日の与党税制協議会で最終確認する予定だ。この案で決着した場合、増税額が年収900万円で年約1万5000円、950万円で約3万円、1000万円では約4万5000円になる見通しだ。増収は900億円程度となる。


 両党の幹部レベルでは当初、増税対象の年収水準を800万円超とすることで協議を進め、自民税調はこの案を大筋で了承。しかし、公明党内から「中間層の生活を直撃する」といった反対意見が続出し、8日の与党税協は当初案を撤回していた。(2017/12/11-10:56)」


出典:https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121100287&g=eco



質問1)なぜ、増税となる会社員の年収水準が850万円超となるのか?


質問2)なぜ、給与所得控除を受けていない自営業者やフリーランスは減税となるのか?


質問3)なぜ、増税額が年収900万円で年約1万5000円、950万円で約3万円、1000万円では約4万5000円になる見通しになるのか?


わからなければ、損してます!

 村田FPのマネーセミナーを受講しましょう!


知っておかないとする税金のしくみセミナー


を受講してみてください!





村田FPは、それぞれの人の夢や目標が叶うように、


金融・税制・不動産・株・投資信託・確定拠出年金・住宅ローン・


保険・年金制度・相続などの幅広い知識で、


一緒に考え、サポートする専門家です。




そして、クライアント(顧客)をお守りし、


結果として、国民経済がよくなるようにします。




また、セミナー講師でもあります。



資本主義社会においては、お金がないと嫌な思いをしますよね。

だから、お金に対する計画・戦略が必要なんです。

ご存知ないなら、絶対、損しています!

連絡先: 

電話:070−6680−1682

メール:murata@murata-fp.com




みんなで歌おう♪




憲法破壊を許さない


主権者たち




(「戦争を知らない子供たち」


の替え歌、つくってみました)


憲法ができて 僕らは生まれた


憲法と共に 僕らは育った


主権者になって 歩きはじめる


平和の願い 抱きながら


僕らの名前を 覚えてほしい


憲法破壊を許さない




主権者たちさ


解釈改憲 改めよ〜!


解釈改憲 改めよ〜!






ぼうごなつこさんの


ホームページ




http://bougo.com/








*講師のご依頼もどうぞ!












最新情報は、フェイスブックで、主に投稿しています。


クリックして下さい。




フェイスブックは、


http://facebook.com/murata.fp












ブログ


ツイッターアドレスは、

https://twitter.com/murata_fp
です。




















































































--------------------------
*料金に関して*


初回相談約30分まで、


無料です!


それ以後、内容につき、


成功報酬(有料)です。


ライフプラン作成、


保険診断などは、


5千円からです。

--------------------------




Skype:murata-fp
Skype Me?!

スカイプは、普段、オフです。





セミナー最新情報




税を知らぬは、一生の


給与所得控除はどうなる?!



知っておかないとする税金のしくみセミナー

マネーセミナー情報


立憲民主制を守るためにも、知識をつけましょう!




解釈改憲という憲法破壊が行われています。






そして、国民の貧困化も進んでいます。


その先には何が起こるでしょうか?








国連の世界幸福度報告書2013(http://unsdsn.org/happinessによると、

2010-2012の間の国別幸福度ランキングにおいて、
日本は43位です。

1位は、デンマーク、以下、ノルウェー、スイス、オランダ、スウェーデン、カナダ、フィンランド、オーストリア、アイスランド、オーストラリアと続きます。




世界一の経済大国アメリカは、17位で、日本は、先進国の中では最下位のランクです。




 これはなぜでしょうか?




 さまざまな理由があると思いますが、オーストラリアで暮らし、また、日本語を公立学校(ホーシャムカレッジ)で教えていた経験から述べると、国民を幸せにするという政治が行われていなく、かつ、国民が主権者であるという教育がなされていないためです。




 その証拠の一つは、政府(国)の年金制度です。記録がなかったり、集められたお金が無駄に使われていたり、国民年金保険料の支払い率(納付率)が約60%であったりしています。破綻している、偽装年金制度と言えるのではないでしょうか。




 それは、また、主権者である国民の力が弱いということでもあります。




 イギリスでは、ディズレーリの議会政治における3つの原則が確立しています。それは、


         1)選挙公約は必ず守るべし


         2)他人の公約を盗むべからず


         3)議会における議論で、全てを決すべし




です。しかし、日本では、主権者の力が弱いためか、残念ながら、この原則は守られていません。




 故映画監督の伊丹万作さんは、「戦争責任者の問題」という文章の中で、


次のようにおっしゃってます。


・・・そして騙されたものの罪は、ただ騙されたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。・・・http://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html






 金融自由化社会になり、知らないとますます損する、騙される社会になっています(実は、実質賃金マイナス社会になっています!!!)。




 お上に任せておけばよいという意識の人は、間違いなく損されるでしょう。




 それゆえ、信頼できる経済・金融などの専門家に相談されることをお勧めします。





 お金って、国民を支配するための道具?


    それとも、


国民を幸せにするための道具? 






 村田FP基本理念は、




巨大資本のための経済ではなく、経世済民で、




お金を「人々が幸せになるための道具」にしましょう!


です。




You've Got A Friend!




そして、現在、以下の2つの主力サービスを提供しています:






 @国民には、納税の義務があることになっていますが、その税金のしくみを学校で習うことはあるでしょうか?




 なぜか、習うことなく、サラリーマンであれば、自分で申告することもほとんどなく、会社の年末調整任せとなっています。




 しかし、これでは、主権者として知識不足ですので、




 毎週土曜日、「知っておかないとする税金のしくみセミナーをしています。




  詳しくは、マネーセミナー情報をクリックしてください。






 A心ある企業経営者さまに、




 「社会保険料の最適化と、従業員・社員さんとの関係をよくして、最も効率的に老後資金を貯めることができる政府(国)の制度の導入コンサル」をしています。






 要するに、




 お金の心配をすることなく、本業に専念してもらえるように金融・財務戦略サービスを提供しております。


 ファイナンシャルゴール達成のための名コーチとして、ずっとフォローしています。




世の中、知らないが故に、損していることがたくさんあります。


  ◇お問い合わせをお待ちしております(^_^)v




  メール:murata@murata-fp.com     電話:070−6680−1682




     村田FP代表(京都勤労者学園講師): 村田健治